私を解放するブログ

働かない子なしアラフォー|日々思うこと思いついたことなど心の声を解放して自分と向き合っていく自分語りのブログ

本当に望むものだけに忠実に生きる

今の私には無理な気がしてならないのだが、、、早寝早起きしようかと思う。

 

「早起きは三文の徳」だというが、本当だろうか。

私自身には早起き信仰はない。

早起きしたからといって何か良いことがあるとか、自分にとってプラスになるとか、あまり思わない。

けれど、早起きがしたくなってきている。

年末年始に遅寝遅起きを十二分にしてきて、ついに飽きたのだろうか。

今度は早寝早起き、さらには〝意識高め〟が来そうな気配がある。

 

これまでの人生を振り返ってみると、自堕落と意識高めとの行ったり来たりを繰り返してきた。

毎日昼過ぎに起きて朝まで飲み歩いてと好き勝手していた時代もあれば、早寝早起き、早朝散歩までして、まさに意識高めな時代もあった。

ここ数年の中でも、自堕落な生活と意識高めな生活とが行ったり来たり入れ違いにやってきていた。

その頻度は数週間単位なのか、数か月単位なのか、数年単位なのか、はたまた数時間単位で一日のうちに入れ替わり立ち代わりしていたり。

私はだらしないのか、そうでもないのか、自分がわからなくなってしまう。

ただ一つ言えることは、一定しないというところだけは昔から変わらない。

 

 

 

そろそろ意識高いフェーズに入るのかもしれない。

早寝早起きをして、家事をスピーディにこなし、空いた時間に何か自分のためになることを始めたい、最近そんな考えにとりつかれている。

自己実現に向けて意識的になろうとしている。

自分の願いをより鮮明にし、より具体的な目標やそれを達成するための方法を考えたり、そんなことに時間と頭を使おうとしているのだ。

 

そんな大それたこと、、、ここ数年の自堕落な私のままでは正直難しい。

そんなハイな気分になったところで、結局これまでの習慣や考え方に引っ張られて、自堕落フェーズから抜け出せやしない。

そんな数年間を実際に過ごしてきたわけだ。

何も変わらなかった。

 

もし一瞬変わったとしても、結局はこの自堕落と意識高めというフェーズを行ったり来たりぐるぐる回っているだけなのだろう。

何も変わらない。

 

そもそも、変わらないとダメなのだろうか。

私は自分を変えたいのだろうか。

確かに変えたい。

こうなりたい、ああなりたい、そんな願望は山ほどある。

だけど、何かになるなんてできやしないし、しない方がいい。

それより、何を本当に望んでいるのかをもっと鮮明にしておきたい。

 

 

 

私の心からの望み、それは―――一つは、幸せ、歓び、幸福感を感じていたいということ。

もう一つは、自分を生きたい。

そう望んでいる。

私はその望みに忠実に生きていきたい。

 

人生は選択の連続だし、日々の生活の中であっても数数えきれないほどの選択があって、その選択の結果が今の自分なのだろう。

だから私は、幸せだと感じられる選択をしていこう。

自分を生きるための選択をしよう。

そうすればすぐにでも、小さな幸せと小さな自己実現が手に入る。

人生はそういう積み重ねで作られるのかもしれないし、小さなことがきっかけで大きな動きを生むのかもしれない。

 

私が幸せだと感じられるなら早寝早起きするし、自分を生きることになると感じるなら遅寝遅起きしてもいい。

その時々で表れる現象はこれからも違ってくるかもしれないし、一定するのかもしれない。

私のライフスタイルがどうなるかはよくわからないままだが、私が幸せで自分を生きれるなら何でもいいのかもしれない。

私は本当に望むものにだけ忠実に生きていこう、そう心に決めた。